やさしい暮らしの設計図

1

sekkeizu04

おばあちゃんが方眼紙に書き綴った、たくさんの設計図。
まるでプロが描いたのでは…と思えるほど
寸法や形が整っていて、
とても勉強されているなと感じました。
みんながにっこり笑っている暮らしを思い浮かべながら、
何度も何度も描いたものだと思います。
みんなが集まる場所には、 ゆったりくつろげる掘りごたつを―。
おばあちゃんが娘さんのために買った思い出のピアノも、

sekkeizu01

今度は、かわいいお孫さんのために、
いっしょに新しいおうちにお引っ越しです。
自由気ままに、それぞれの時間を過ごせるようにと 大好きな本が
たくさん納められる本棚もあります。
家族が集まってくつろげる空間と 一人一人が
それぞれの時間を大切にできる暮らしが 一つのカタチになりました。

sekkeizu02sekkeizu05

001柱を見せる「真壁(しんかべ)」造りになっているので、木のぬくもりと、香りをふんだんに感じることができます。キッチンから部屋全体を見渡せるので、お料理中でも安心です。

002和室にある掘りごたつの「やぐら」は、 以前住んでいた家から何十年も ずっと使っていたもの。 まだまだ使えるものだったので、削ってきれいにして、新しいお家でも活躍してくれそうです。

003玄関には、下駄箱とベンチを造りつけました。靴の履き脱ぎが楽になります。

sekkeizu03
左)木のフックは、家族みんなでつくりました。掃除用具もかわいく収納できますね。
中央)トイレは広めで、大きな手洗いと収納、おばあちゃんが手を掛けやすいように手摺も木で作りました
右)オープンデッキから芝生のお庭に降りられます。