レトロモダンなおうち

top02
03
使い込むほどに表情が変わる無垢材や昔懐かしい
丸タイル、昭和の時代に作られたガラスなどの
素材感を大切にしています。
暮らしていくうちに自然についた汚れやキズ跡…も
素材感を大切にしているからこそ、そのものの風合いが活かされて「味わい」になる。
住まいも暮らしも頑張って気飾ろうとするのではなく、
自然にありのままで居ることがこだわりです。
新しく建てた住まいだけれど、 どこか懐かしく、
不思議と心が和む。
ずっと居たくなるような住まいができました。

retoro05
昭和レトロがすきなSさま。
昭和なおうちをイメージして欄間(らんま)を設けたり…と、
とてもこだわっています。
外観は、昭和のデザインを基にしながら、
モダンな濃いブラウンの外壁を合わせて 仕上げました。

retoro03
001扉に入ったガラスや扉の上の木枠の窓はお客さんが新しいおうちを作るときのために集めていたもの。昔のガラスはとても雰囲気があります。

002和室のローテーブルは使い込まれたレトロな天板をリサイクル。天板の雰囲気に合わせて脚の塗装もレトロに仕上げました。

003照明で、その住まいの雰囲気はガラリと変わります。照明もレトロなタイプを選ぶことで 雰囲気が上がります。

004おうちを建てる前のお打合せの時から洗面台は造作にしたいというご希望でした。懐かしさのある丸いタイルを使ってステキに仕上がりました。